どんな人が向いてる?キャバクラのボーイはこんな人におすすめ

山ちゃん      -

どんな人が向いてる?キャバクラのボーイはこんな人におすすめ

キャバクラのボーイに向いてるのはどんな人?

キャバクラのボーイの仕事は、やはり向き不向きがあります。
向いている人はどんどん頭角を現して一気に下積みからマネージャー、チーフマネージャー、副店長、店長へと駆け上がっていきますが、向いていない人は5年経っても10年経っても下っ端のままです。

ではどんな人がキャバクラのボーイに向いているのでしょうか?チェックしてみてください。

①地頭がいい人

ハッキリ言ってキャバクラのボーイの仕事に学歴は一切関係ありません。
今のお店で面接を受けた時、履歴書や身分証明書は持参しましたがあまりチェックされておらず、最終学歴や大学を卒業していない事などにも触れられませんでした。

正直、ボーイの仕事に学歴は不問です。東大や京大をトップで卒業出来たとして、そんなものはボーイの仕事に大きく影響しません。
お店が求めるのはお勉強の出来る頭の良さではなく、コミュニケーション能力や記憶力、機転の利く人物であり、さらに体力があれば文句ありません。

ボーイの仕事で大事なのは記憶力でしょう。さらに周囲に細かく気を配れる配慮やキャバ嬢に対する優しさです。
また咄嗟のトラブルに適切に対処出来る判断力、決断力があれば最高ですね!
このような能力がないとどれだけ高学歴な人物でも出世は望めないのです。

逆に言えば、中卒であっても地頭が良ければあっという間に店長や運営元の課長や部長にまで上り詰め、月給100万円以上の収入を実現する事も可能ということ。
恐ろしく平等で公平な世界だと思いませんか?

②学歴ないけれど稼ぎたい人

もう一度言います。キャバクラのボーイの仕事に学歴は関係ありません!!
必要なのはお客様やこの仕事に対する興味や情熱、また「稼ぎたい!」という強いモチベーションです。
学歴はなくても「何が何でも出世してやる!」と言う強い気持ちがあれば、必死になって仕事やお客様の顔を覚えますし、「どうすればもっと売り上げが上がるのか」と真剣に考えるはずです。

本気で仕事を極めようとする人材を、お店だって簡単に手放すはずはありません。
本気で稼ぎたい人、キャバクラそのものに興味のある人はボーイの仕事に向いています。
まずは興味と意欲があるかどうかです。

「楽そうだし、ボーイの仕事なら何とか出来るだろう」くらいの気持ちではこの仕事は続きませんよ!甘い世界ではないので、気を引き締めてください。

③ニートでやることがない人

実はこの仕事をするきっかけになったのが、知人のニートがボーイになった事。
「あの引き篭もりがボーイの仕事なんて出来るわけがない」と思っていたので、仕事が1年続いたと聞いた時はビックリしました。

時間にゆとりがあり、暇人であるニートが全員ボーイとして成功するかどうかは分かりませんが、少なくとも何もする事のない状況なら仕事にも打ち込みやすいです。
ボーイの仕事は夕方から真夜中(下手したら明け方まで)ずっと働き詰めで大変な面がありますが、他に仕事もなく家事や勉強もしなくていいニートならボーイの仕事だけに打ち込めます。

ボーイの適性があれば「意外な所に天職があった」と思えるかもしれません。
これと言った資格や経験も必要ないので、興味があればニートでも取り組みやすいのがボーイの仕事です。

サイトについて

カテゴリー

最近の投稿

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!